トレインフィーバー(Train Fever)ゆる攻略Top  > ゲーム画面の解説 > 土木系と路線管理ツール > 線路系ツールと鉄道信号機

鉄道・バスを使った都市開発・経営シミュレーション箱庭ゲーム
トレインフィーバー(Train Fever)ゆる攻略サイト

トレインフィーバー(Train Fever) の画面右のバーで細分化表示される線路系ツールを見ていきます。

線路系ツールと鉄道信号機

線路の建設

トレインフィーバー(Train fever)の線路ツール。標準線路、急行線路、電化の有無で最大4パターンの組み合わせが有る。トレインフィーバー(Train fever)では、ポイントに近い場所ではポイントが建設できない 「線路」アイコンをクリックすると最初に表示されるツールです。建設確定前の線路は、カーブ半径に応じた上限速度が赤丸の中に表示されます。
物理的・予算的に建設不可の場合、建設確定の「レ」ボタンは無効です。

1850年では「標準路線」(最高時速120キロ)の一択ですが、
電気動力の列車が登場すると「電化路線」が、
 (ヨーロッパ:1921年 アメリカ:1914年)
時速120キロを超える列車が登場すると「急行路線」(最高時速300キロ)が、
 (ヨーロッパ:1935年 アメリカ:1930年)
それぞれ建設できるようになります。

「カテナリー」を「はい」にすると、線路の上に架線が張られます(電化)。
しかし、線路の敷設に慣れが要るトレインフィーバー(Train Fever) で、ノーミスで線路を敷くのはまず不可能だと思いますので、非電化で路線を完成させてから電化ツール(線路メニュー最下段の電撃マーク)を使って電化した方が効率的な気がします。

※踏切は、道路を先に建設してからでないと建設できません。線路が3線以上の踏切では、線路の間隔を空ける必要があります
線路の種類別で攻略
  1. 「標準路線」しか建設できない時代は、隣り町までの「短距離」かつ「坂道の少ない」路線(SLは坂道が非常に苦手です!)、
  2. 路線を電化できるようになったら「坂道の多い路線」(電気動力の列車は坂道に強いです)、
  3. 「急行路線」を建設できるようになってから遠くの町を結ぶ長距離路線を建設するという順序が効率的でしょう。

駅の建設・・・「旅客駅」と「貨物駅」

トレインフィーバー(Train fever)には列車駅(旅客駅)と貨物駅があり、それぞれ対応する駅でないと列車は機能しないトレインフィーバー(Train Fever) では、旅客列車は「列車駅」、貨物列車は「貨物駅」でしか乗降・荷扱いしません。

「路線数」は「番線」の数です。
なお、踏切で駅を挟む場合、踏切は複線までしか対応しませんので「5番線」の活用には注意が必要です。

プラットホームは3種類の長さがありますが、トレインフィーバー(Train Fever) では、ホームから何両はみ出そうが列車は乗降・貨物の積み下ろしを行えます

長いホームのメリットは、
「駅前」の範囲が広がる=都市の発展範囲も広がり「やすい」、
1ホームを複数路線で共用しても、長い列車を運行可能(ホームが短いとポイント(分岐器)上に列車がはみ出して停車してしまう)・・・等でしょうか。都市は短いホームでも発展します(「A列車で行こう」程の差は出ない気が)。

車庫・・・1種類。【車両の購入・売却・連結・路線設定など】に車庫の解説があります。

信号・ウェイポイント

トレインフィーバー(Train fever)の新型信号とウェイポイントトレインフィーバー(Train Fever)の旧型・旧式・古い鉄道の信号を解説・説明(腕木式信号機)
信号・・・線路上を複数の区間に分けるときに必要です。
「専用ホームに発着し、単線で、列車が1本だけ」の場合、信号は必要ありません。
路線の途中で列車がすれ違ったり、路線が分岐・合流したり、1つのホームを複数路線で共有する場合等に必要です。設置の際、ズームしないと信号の向きを間違えるかも…

ウェイポイント・・・(トレインフィーバー(Train Fever)の世界では)「道しるべ」
路線を指定した駅から駅までの経路が複数有り、列車が思い通りの経路を通らない(最短経路が自動的に選択される為)ときに線路脇へ設置します。路線設定時にウェイポイントをクリックすると、列車はそのウェイポイントの線路を通ります。

信号の活用例と解説

トレインフィーバー(Train Fever)における鉄道の待避線の作り方

トレインフィーバー(Train Fever)における鉄道の信号機の閉塞区間の概念
トレインフィーバー(Train Fever)における鉄道の信号機を使用した駅ホームの複数路線での共用
トレインフィーバー(Train Fever)で鉄道の信号を用いた平面交差・路線の合流・分岐

電化ツール・・・(線路メニュー最下段の電撃マーク)

このツールを選択した状態で、非電化の線路にマウスオーバーすると線路が緑色に変わり、クリックすると架線が張られ一発で電化できます(電化された線路にマウスオーバーすると線路が赤色に変わり、クリックすると架線を取り外し非電化に戻せます)。なお、駅構内や、車庫までの引き込み線、途中にポイント(分岐器)がある場合等は、区間ごとの電化になるため、運行前の線路チェックは必須です。また、後年、建設が解禁される新タイプの駅の構内は電化済みです。
 トレインフィーバー(Train fever)攻略 前のページへ戻る 戻る
inserted by FC2 system